« 2011年1月 | トップページ | 2011年10月 »

最近のTOKYO

トイレットペーパーもティッシュもお一人様1パック限りで買えます。

米もそうみたいです。

牛乳に至っては近所のスーパーで”牛乳祭り”でも開催されているのかというくらい並んでいました。

買い占めゾンビ達は少しずつずらかっているようです。

ほうれん草も牛乳も変わらずいただきますよ。

今まで積み重ねてきたことのほうがよっぽど体に悪いので。たぶん。

国は何かを隠している、国民は真実なんて知ることはできない、どこどこの国はこういってる、ほんとに色んな情報を耳にし、色んな受け止め方や意見がありますね。

私は日本人なので、外国へ避難する余裕もありませんので、枝野さんの発言を、最前線で命がけで戦ってくれている人たちを信じて、祈って収束を待つことにしています。

とりあえずしーすー食べてぽんしゅでも飲んできます。

追伸:コメントをくれた方、公開できずにすみません。メールを通しての認証式にしているのですが、震災以来うまくいかず・・・。すみません。

| | コメント (0)

チェーンメールではありません

「関西電力より節電のお願い」というチェーンメールが多数あるそうです。

内容はタイトル通り、私がこのブログで発信したものとほぼ同様、節電のお願いです。

関西電力からこのようなメールが発信されることがないのはわざわざ私が言うことでもありません。

が、が、節電はほんとに必要。

なので、私は自発的にこのブログで発信しました。

自身の体験で本当にそう思ったからです。

チェーンメールを真に受けてとか、感化されてとかではありません。

むしろチェーンメールの存在は後で知りました。

ブログ以外に親しい友人にメールでもお願いしました。

何人かからは協力するというありがたい返事をもらいましたが、チェーンメールと思れている人もいるかもしれません。

ちがいます。私が作成した、私から発信したメールです。

紛らわしいメールを送ってごめんなさい。

返事を強要しているわけでも全くありません。

ただ、個人的にお願いしたまでです。

というわけで、「節電お願い」の記事は今回で終了します。

私は私ができることを日々続けていこうと思います。

| | コメント (0)

引き続きお願いします

首都圏の停電はいまのところ回避されていますが、他地域では輪番停電という戦後の混乱期以来の持ち回り停電が実施される予定だそうです。

神戸で被災したとき、電気も水道もガスもつかなかったとき、とりあえず電気だけでもついてくれればいいのにって家族で話したことを覚えています。

明かりさえあれば少し気が落ち着きます。

東京もすっかり日が暮れましたが、我が家はテレビとパソコン、冷蔵庫以外は電源オフです。

でも停電されているわけではないから、ベランダからの景色は真っ暗ではありません。

それでも暗くて不便。

一つだけ節電でOK。

日本中でやればすごい節電になります。

いまのところすぐに役立つことはこれくらいしかなさそうなので。

引き続き協力していきましょう。

| | コメント (0)

みんなでできること

昨日の地震について。

わたしは無事です。

東京はメディアに映し出されているより穏やかです。

飲食物の確保も困難ではありません。

余震の恐怖はありますが。

で。

首都圏全域で今夜から停電の可能性があるそうです。

東京電力が送電する予想電力というものが今夜不足にとなることが必至とのこと。

ツイッターやフェイスブックでみんな節電を呼び掛け合い、東北の被災地の電力不足を補えるようお願いしています。

一つだけでも電気をオフにすると、被災地の病院で命が救われるかもしれません。

いえ、救われるはずです。

西日本にお住まいのみなさん。

そちらでの節電も絶大な支援です。

一つだけでもいいのでオフにしてください。

是非とも節電の協力をお願い致します

16年前のあの悲劇が繰り返されるのかと思うと涙が止まらなくなります。

日常生活の不安、行政の対応等々、これから乗り越えなければいけないことは想像を絶するくらい山積みです。

被災された方たちは何を求めているのか、希望を持って復興に臨めるのか。

東京の友人知人には東北地方出身者が何人かいます。

彼ら彼女らの家族や友人から届くリアルな声を聞けたら、できる限り協力していきたいと思っています。

またご協力をお願いするかもしれません。

そのときはよろしくお願いします。

| | コメント (1)

残念ボーイズ

ご要望におこたえして、シリーズ第2弾。


と思い考えてみた。

どれにしようかな。

だいぶ時間経ってますけどね

有名大学に通ってるわけでもなく、お嬢様でもないわたしと付き合ってることを親に必死に隠していた裏口入学の歯科大生男。


非合法なタバコ(楓ににた葉のやつね)を止めることを条件に付き合ったが、やっぱやめれずわたしにばれて責められるのがいやというだけで行方不明になった八百屋の小伜。
合い鍵までわたしに預けておきながら、女引っ張りこんでたな。
約束をすっぽかされ、連絡も取れず心配になって家まで行ってみたら、知らない女が下着姿で髪梳いてた。


これらは10代後半から20代前半です。

その後〜20代後半(結婚まで)。


総合的に安定期。


その時は一大事なことがいっぱいあったけど。


なんせこの時期はお騒がせ大賞総ナメでしたから。。。

30代〜現在。

次回に続く。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年10月 »