« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

下宿後半

8日目になりました。

15時間労働の日々です。

眠いです。

今日から3日間ほど、階段往復は3階建て、しかもステージの上手と下手に分かれています。

疲れています。

楽しい話も辛い話も思いつきません。

神戸に帰れる日はいつでしょうか。

| | コメント (0)

下宿中

やっとよそのおうちでのせいかつにもなれてきました。

きょうはせんたくしました。

いまはおうちのひとがみんなおでかけなのでひとりでおるすばんしています。

家族でも親戚でも、彼氏でも友達でもない人んちに2週間も泊まるってどんな?

泊めてもらってる本人はもちろん、泊めているお宅の方も大変ですよね。

と思っていました。

意外と自然です。

案外早くなじんでます。

お互いの性格や環境の問題もあるんでしょうけど、なんとかなってます。

そりゃ色々ありまっせ。

寝る間を削ってご主人の話に相槌打ち続けた1日目の夜とか、打ち合わせがいつの間にか「題:社長になるためのセオリーとは?」みたいなことになってたりね。それなりに気も遣う。あ、そんな時、他の家族の方はどこへ行ってるのでしょうか・・・。

けどそれはどこでも多少あることだし、一晩寝ると「ま、いっか」なタイプなので3日めクリアできました。

今の状態。このPCに向かって更新しとります。060924_18420001

んで、ここのお家はスタジオとオフィスをかねているのでいろんな人がやってくるし、いろんなものがあります。

ご主人は元有名な劇団のダンサーで、多方面(ほんとに説明し難いくらいに多方面)に渡り活動されていて、今は私がお手伝いすることになった大イベントの制作責任者です。なので玄関にこんなものも。

060924_10430001 羽。

この大イベントというのは日本が誇る三大レビューグループ出身の方々が一同に会して行われる、ある年齢の方、その業界ではそりゃもうすごいイベントです。

レビューというのは豪華なセットで、これ以上ないというような派手な衣装を身に付けて踊ったり歌ったりという絢爛豪華なステージショーです。(宝塚歌劇団がその一つです。正直、私もよくわかりません。が、50代アッパーの方にはそうそうたるメンバーのようです。)

これはその衣装?小道具一つです。他にもそこら中にいろんなものがあります。

サテンの布なんてもうタオルと同じ感覚。

スパンコール?裸足であるけばつくでしょう。

今朝玄関の前で竹を切っていたかと思ったら、昼には衣装作ってました。

ミシンからのこぎりまでなんでもあるし、何でも作ったり直したりできる歌って踊れるスーパー制作室長です。

本番は10月1日。

明日からの舞台稽古等々で状況を把握し、楽屋の管理進行をまとめるのが私の仕事です。

緊張するけど、楽しみ!!

060924_10420001_1アメリカ留学中のお嬢様のお部屋を借りてます。

そこに張ってあった岡田君。

趣味一緒でちょっとうれしかった。

| | コメント (0)

night on the earth

東京です。

今日から2週間滞在予定です。

仕事は明日からだけど、次はいつ休めるかまったく検討が着かないので、東京ナイトライフを楽しむために一日早くやってきました。

なのに、月一しんどい日に当たるし、予定通りにいかないし。

・・・だいぶ暇。

その上さっき途中まで書いてたのに、へんな操作して消えた。

ツイテナイ。

都知事の息子が天気予報やってる。

関西ではヤマヒロ氏がニュースやってる時間か。

嵐の前の静けさかな。

はあ・・・・・・○#ζχξ

ぶーーーーぅ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(この間約3時間)・・・・・・・・・・・・・・・。

で、すっかり夜も更けました。

お酒を飲む気にもならず、あ、飲みたいものがなかったんですけど、近所のスーパーでパイナップル買ってみた。

甘くておいしかったです。

。。。。。なんて切ないこと。

ナイトオンザプラネット、(確かnight on the earthは原題)っていう映画、見たことありますか?

ロス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキ(あれ、ロンドンはなかったかな?)の5都市を舞台に、それぞれタクシーの話で作られてるオムニバス映画。

確かニューヨークが22:00の時、ヘルシンキ(は何時か知らんけど)ではある人がこんな問題を抱えていて、パリではこれまた何時かさっぱり知らんけど、この人がこんなことして・・・というのやった気がする。

面白いのでおススメ!

ジム・ジャームッシュっていう監督の映画です。

ウィノナライダーと、ベティブルーの主役の女優さんも出てます。

あ、ストレンジャーザンパラダイスの監督のはず。

この夏にはブロークンフラワーズという映画もやってました。

アメリカの映画なのに、とってもヨーロッパっぽくて「えー!!」とか「そんな展開かよ」っていうのはあまりなくて(と私は思います)、クスッと笑えたり見終わった後に「へえー。そうか。」となんともいえない充実した気持ちになります。何でもかんでも完結せず、この先どうなったか想像するのも楽しいものだと思わせる作品が多い気がします。

なんでこんな話になったかというと、東京で、というか地元以外で時間を気にせず過ごしたのって珍しいな(ただ暇だっただけです)神戸にいたら何してたかな、そういえばサンフランシスコにいるあの子はどうしてるかなって思ったのです。

あっちは今何時?こういう時ってどんな時間の使い方してるのかなとか考えてるうちに、ナイトオンザプラネットを思い出したっちゅうわけです。

それと今日昼間に会った友達の影響も。

10年以上前に神戸で知り合って、連絡は取り合ってたけどここ何年かは疎遠だったのが、ふとしたきっかけで今日すっっごいひさしぶりに再会できました。

久しぶりだけど話してるとそんな気がしないってうれしい。

ほんの短い時間だったけど、神戸で遊んでた時の話とか共通の知り合いの話とかしてると、こんなに長く会ってないのが不思議な気がして。

そんな彼は立派な働く男、一家を支える主になっていました。

でも私が○○してる時、彼は□□にいた、自分が過ごしているこの時間にいろんなことが起こってるなあ、と改めて考えると面白いなと思ったのでした。

夕方には暇でどうしようもなくすさんだ気持ちになっていましたが、今はこんな時間があってよかったと思えます。

ってことで今日も良い一日でした。

またながーい日記になっちゃいました。

good night on the earth!  peace!!

| | コメント (0)

秋なのに。

9月も10日が過ぎました。

まだまだ暑いですが、秋っぽい空気を感じますね。

でもまたあの寒い冬の日がやってくるのかと思うとぞっとします。

肩こるし、動くの億劫になるし。冬は嫌い。。。

で、この時期、会う人会う人に「焼けてるねえ~どこ行ってたの?」って言われます。

母には「きったない顔!!何それ?」といわれました。

そんなきったないって、ちっちゃい「っ」入れんでも・・・。けど確かに黒い。しかも顔と肩、腕。

でもどっこも行ってないっす。。。。通勤焼けっす。

毎年恒例の①号と行く南の島ダラダラ旅行も(常にダラダラ、ぐだぐだかぃ!)、私の仕事や①号の無職状態の関係上今年はおあずけ。なのに例年より黒いみたい。

山のふもとの自宅から海に近いオフィスまで、毎日歩いてればそりゃ黒くもなるわな。

何事も日々の積み重ねってすごいんですね。

イギリスかアメリカか忘れたけど、男の目から見るいい女の条件のに「日焼けしていること」が入ってるそうです。

へ~~。一つクリア?ってそれだけしかあてはまらへんかった気がする・・・。

そういえばアジアのビーチへ行くと、欧米人達はガンガンに日焼けしてるのを見かけます。

40代以上の女性の胸元に日焼けによるしみがあることがセレブの証しっていうのもは聞いたことがあります。

んじゃそっちの方向で・・・。

日本では逆ですよね。

色の白いは七難隠す、でしたっけ。

たまに透き通るようなキレイな白い肌の女性を見ると、いーなーって思います。

しかし今からそうなるのは絶対無理だしなー。

もう国籍不明くらい黒くなってやるぅう!

ってもう夏終わりだよ。

ぶどう狩りとか芋ほりとか行きたいなあ。

060909_16400001

二の腕の内側。このあざらしきものは、4日前友人Kと路上で繰り広げた「脂肪のつまみあい」で最後にやられた跡です。人差し指と中指の関節部分で肉を挟んで力任せに引っ張るとこうなります。めちゃくちゃ痛くて白昼どうどうと泣きました。二人ともしらふです。あほです。

| | コメント (0)

苦あれば楽あり

2週間以上も更新していなかったようです。

この間、ほんとーーーに色々ありまして・・・。

とりあえず楽しい話題を。

先日、姪と二人でプールへ行って来ました。

兄の小学3年生の娘がお気に入りの滑り台とかあるプールです。

毎年両親と兄一家と夏に旅行へ行くのが恒例なのですが、今年は諸般の事情により、それが中止になって、彼女はとってもへこんでしまって。たから、夏休み中に好きなとこつれてってあげるって約束してたんです。

ずっと気になってはいたのですが、ぐだぐだ続きと東京との往復で、なかなか時間がなくて、夏休みも後2日ってとこでやっと約束果たせました。

連れて行くのは全然いやじゃないけど、小学3年生の子はおばちゃんと二人でプール行って楽しいんかな?と思ってたのですが、これが結構楽しそうで。。。

波のプール、流れるプール、子供用のスライダーやちょっとしたアトラクション?があるプール等など。とかいう私も結構楽しみました。

姪がいないとこんなプールに来る機会はなかったと思うしね。

久しぶりの休日は子供と楽しく過ごせたのでした。

Dscf0118_3 ←この大きなバケツの水が一杯になると・・・

↓こうなって楽しさ倍増ってわけだ!

Dscf0115_1

で、ご満悦~なうちの小学生

Dscf0121そしてこの後、怒涛の東京往復生活が再び始まるのでした。

このご満悦少女とのデートの翌日は所沢へ。

1泊して神戸に戻り、3日後にまた東京へ。

前に書いてた新しい仕事の本格的な始まりで、オープニングパーティのために上京しました。

スタートは夜だけど、リハーサルや準備は昼から。

地下の会場と楽屋のある1階を100回は往復した自信があります。しかもヒールはいて。

本番後半は足がもつれていました。

ですが、たくさんの人に助けられ、すばらしいアーティストたちのパフォーマンスと共に無事大成功に終りました。感謝です。

まだ中途半端な感じですが、よかったら除いてみてください。

http://www.you-tasu.com

翌日は全身痛くて大変でしたけどね。

その翌日なんて寝たきりでしたから。

すごいうれしい話もいただきました。

前々回の撮影の際にご一緒させていただいた、とあるプロデューサーから、仕事を手伝って欲しいとのご依頼を頂戴しました。それもかなり大きなプロジェクト・・・。

もはや私の得意技といっても過言ではない「炎の階段100往復」の姿に感動されたかどうかはわかりませんが、ありがたいことですよね。

いつもの通りに動いたに過ぎないのですが、それを評価してもらえてめちゃめちゃうれしかったです。

その時はただただ「ありがとうございます!!」だったけど、ホテルに帰ってシャワーを浴びながら涙してしまいました。

働き出して十●年。

いろんなことがあったけど、自分を信じてやってきて本当によかった、と思いました。

それにいい仕事や人に出会えた時のあの感動は多分何ものにも代えられない。

そしてここまで自由きまま、勝手し放題なドラ娘を見守ってくれた両親や家族がいたからこそと思います。ぐちに付き合ってくれた①号を始めとする友人たちも。

本当に感謝です。

だめだ・・・書きながら涙ぐんできた。

良い事ばかりではないし、むしろいやなことや大変なことのほうが多いと思うけど、それを楽しく良いことに転換できるように、今のこの気持ちを忘れずに、かつ冷静にいい仕事をしたいと思います。

って、まあなんて熱い女でしょう!!

そしてhigh heels がこの坂を上らなくなる日が近くなってきました。

年明けに上京するつもりだったのが、早くなりそうです。

そう、神戸から旅立つんです。

でも気持ちもブログも続けるのでこれからもよろしくです。

| | コメント (1)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »